仕事柄、Googleストリートビューについて良い話も悪い話もよく耳にするのですが、悪い話のほとんどが誇大広告についてです。

中でも特に多いのが

Googleストリートビュー導入の効果

についてです。

その中でも「他社で予約が2倍になるって聞いたけど本当ですか?」という問合せが本当に多いです。
しかも「Googleの調査結果で明らかになっている」と、皆さん口を揃えておっしゃられます。

しかし、私の知る限り、予約が2倍になるという調査結果はありません。
そんな調査結果があれば、私も営業がし易くなるので探しましたが、そのようなものは存在しません。(あったら教えて欲しいぐらいです)

ただ、以下の調査結果はございます。

「ビジネス情報に写真とバーチャルツアーが入っているとユーザーの関心が2倍になる」というものです。

これは、Google社が2015年にホテルやレストランを対象に独立系の調査会社に委託した調査結果です。

「予約が2倍になる」と「関心が2倍になる」では全然違いますよね?

更に、この表現には言葉のトリックがあります。
何に対して2倍なのか説明がされていないのです。

ここに1軒のレストランがあったとします。
このレストランは、一か月に50件の予約があるとします。
予約が2倍になるのなら、100件の予約が見込めるようになるの?って話です。
そこまでは、流石にないだろうって話です。

そして、更に考えてみると、いつ予約が2倍になるのかが説明されていないです。

すぐに2倍になるのか、1月先の事なのか、1年先のことなのか…。
効果が現れるのが、そんなに先なら、ストリートビュー導入の効果かどうかも定かではありません。

いくらお客さんを獲得したいからって、こういう曖昧で不正確なトークはいかがなものかと個人的には思います。

そして、私の知っている関心が2倍になるという調査結果も、より正確にはこうです。

「ビジネス情報に写真とバーチャルツアーが入っていると、”文字情報だけの時に比べると”ユーザーの関心が2倍になる」

というものです。

なので、文字情報でどの程度関心を持って貰えるかによって、2倍になった時の効果も違ってきますし、関心が2倍に増えたとしても、それが全て予約に繋がるわけではないので、「予約が2倍になることもあるかも知れない」ですが、それは場合によりけりです。
また、先ほどのレストランを例に取ると、元々の月間50件の予約の内、何件ぐらいがインターネットで検索して予約を頂いたお客様なのかによっても結果は大きく変わります。
この調査結果はホテルやレストランを対象にしています。
居酒屋で同じ結果なのか、美容室ならどうなのか。
Googleストリートビューを導入される店舗の業種や同エリアに店を構える競合店の状況によって効果は違って来ます。

以上、かなり慎重論で分析してみましたが、本編で書かせて頂いた通り、
①ユーザーの関心が高まり
②MEO対策と合わせることで検索サイトで上位表示され易くなり
③顧客サービスの向上に繋がる
ことは確実に言えると思います。

まだまだ、ストリートビューを導入している店舗は都心でも10%内外、地方だと数%だと言われているので、やるなら早めの方が先行者利益を得やすいのは確かでしょう。

私なんかは店舗を持たないフリーランスのカメラマンなので、ストリートビューを導入したくても導入のしようがないですが、Googleストリートビューの費用対効果を考えれば導入しない理由は見つからないぐらい素晴らしいサービスだと個人的には思っています。
業者の見極めは難しいところなので、そこだけ注意して頂いて、集客アップに繋げて頂ければ幸いです。